七十七銀行カードローンの77カードローンでお金を借りる

七十七銀行カードローンの77カードローンでお金を借りる

七十七銀行でのカードローンは、77カードローンというカードローンがあります。
金利は七十七銀行の規定で決まり、お借り入れの限度額は300万円までになっております。

七十七銀行は、東北地方最大の地方銀行です。宮城県仙台市に本店があり、140以上の店舗があります。七十七銀行には、77カードローンの他、クイックカードローン「77モビットα(アルファ)」・小口の77ミニ・カードローン・教育資金を目的にした77教育カードローンもあります。

七十七銀行のカードローン77カードローンの4つの魅力を紹介しましょう。一つ目は、取引状況に応じて金利を引き下げてもらえることです。給与振込みや財形預金であったり、公共料金の自動振替や住宅ローンなどを合わせて利用すれば、カードローンの金利が引き下がります。最高年3.1%も引き下がるのでおトクですよね。

二つめは、借入極度額が4種類の中から選べることです。50万円、100万円の極度額の他、200万円、300万円というワイドな極度額もあります。マネープランに合わせて借りられます。三つ目は、公共料金や口座振替の際に残高不足になった際に、自動的に融資してもらえることです。支払いを忘れがちの人にはありがたいですよね。四つ目は、総合口座に77カードローンをセットるすことで、暮らしに関するお金のことがオールマイティにまとまることです。

七十七銀行のカードローン77カードローンの利用条件は、20歳以上68歳未満で、勤続年数が1年以上の人になります。自営業の人は利用できないことに注意してください。

おまとめローンの条件

<おまとめローンの条件>
おまとめローンとは、複数のローンをまとめて一本化し返済を楽にしようと言う借り換えローンです。

利用するには、審査を受けなければなりませんが、次のような条件が付きます。
(1)年収が一定の基準を満たしていること。

前年の年収が200万円以上とか、500万円以上など、金機関によって基準が異なります。
(2)年齢制限があります。

下限は20歳以上、上限は55歳から65歳までと言うように年齢制限があります。
(3)職業に制限があります。

自営業、パート、アルバイト、専業主婦などはお店によっては審査に通らない場合があります。
(4)融資を受けられる金額

お店によって、借り換えローンで借りることができる金額が異なります。

 

また審査に有利な条件として以下の項目が挙げられます
○他社からの借入件数、借入総額が少ないこと
○正社員として働いていて、安定収入があること
○結婚していること
○持ち家に住んでいること
○家に固定電話があること
○銀行との取引があること(給料振込みや公共料金の支払い、住宅ローンなど)
そして不利な条件としてあげられるのが

○過去の未払いや返済の遅れがあった場合
○自己破産した場合
○申込みブラック

おまとめローンの基本

<おまとめローンの基本>
借入れ金額や利息、対象金融機関さえ違う複数のローンを、一つにまとめてしまおうというのが「おまとめローン」

複数の借金をかかえる方にとっては、借金の返済や管理を軽減できる大変便利でありがたいサービスです。

金融機関ごとに金利や借入額等、基本的な差がありますが、おまとめを考える場合、最大のポイントはもちろん金利です。
基本的に、比較的簡単に借り換えができる金融機関ほど、借り入れを起こした場合の金利が高くなる傾向があります。
その逆に、審査基準が厳しい金融機関ほど、借り入れ発生時の金利も低いと言えます。
おまとめローンを利用した際の借り換えた後の利息額は、もちろん少なければ少ない程良いわけです。
ですので、おまとめローンを相談する金融機関は、少しでも金利が低い金融機関を選んだほうが懸命といえるでしょう。
無担保、審査軽視、などという金融機関は、別のリスクを負う可能性も大いにありますので、自分にあった金融機関を慎重に選ぶことが大切です。

そして大切なことは、自分の返済可能なプランを選ぶことです。

少しでも金利の安いところで、自分の返済可能なプランを持って借り換える・・・
これが、おまとめローンを利用する際の基本なのです。

おまとめローンの特徴について

<おまとめローンの特徴>
第一には「金利が安くなる」になるということです。

おまとめローンを利用すると、借り入れ金をひとつにまとめるので当然借り入れ総額が大きくなります。
それによって金利が安くなります。
多くのおまとめーローンでは借り入れ金額が多いほど低い金利を設定していることが多いので、
まとめることで金利が下がるのです。

 

第二に返済支払日の統一です

返済日も各社異なります。
なので複数社から借り入れをしていれば、支払日も幾つか発生し常に返済のために面倒な管理をしなければなりません。

勘違い等で返済が遅れれば払わなくていい金利も増えてしまいます。
なのでおまとめローンを利用するメリットのなかで案外軽視できないものにこの支払日の統一があります。

月に1回しか返済日がないのですから忘れる可能性も減りますし、
面倒な管理からも開放されますね。

 

第三にほとんどのケースで借り入れのための担保や保証人は不要です。

誰かの保証人を頼むといっても、なかなか難しいのではないでしょうか?
また、家族や知人に内緒の借金である場合も多いでしょう。
内緒の借金が気がつけば複数社からの借入れ・・・。
こんな場合でも額によっては家族にも知られることなく地道に返済していくことが可能です。

複数の借入を一本化した場合の金利

<複数の借入を一本化した場合の金利>
ローンをまとめた場合の最大のメリットは、元金の減額スピードが格段に加速することです。
例えば、100万円を実質年率29%で借り入れしている場合、、、

一ヶ月分の利息は

1,000,000×0.29÷365日×30日=23,835円 となります。

仮に毎月の支払額を30,000円とした場合、元金に充当される分は

30,000円 - 23,835円 = 6,165円 となり

支払総額の20%しか元金に充当されません。
これを実質年率15%の低金利ローンで借り換えたとしたらどうなるでしょう。

一ヶ月分の利息は

1,000,000×0.15÷365×30日=12,328円となり
毎月の支払額を30,000円とした場合、元金に充当される分は

30,000円 - 12,328円 = 17,671円 となります。

支払総額の58.9%が元金に充当されることになります。

 
低金利のローンに借り換えるだけでもメリットは大きいですね。

現在の借金をまとめることにより、上記のような恩恵はもっと大きくなります。
ですので、一度に借金全部を一本化できなくても、一つでも多くまとめ、最終的に全ての借金を一本化にできれば借金完済へ大きく前進しますね。

メリットとデメリット

<メリットとデメリット>
低金利に借換えれば支払総額が激減する

各金融機関への手数料の重複支払がなくなる

返済管理が簡素化され返済計画が明確になる

精神的余裕ができ生活リズムが安定する
といったメリットのある「おまとめローン」ですが、不向きな場合もあります
例えば・・・

※現在複数の借入があり、その中に低金利の商品がある場合

数件の借金がある場合、現在利用しているローンの中に低金利で借り入れできる、もしくは借り入れできる商品が含まれている場合、まとめローンへの一本化や借換をしなくても済むケースがあります。

融資枠の増額希望の審査が通れば、借換や一本化した場合と比較し、利息や支払総額、支払期間などを確認の上、最適な借換ローンを組みましょう。無理に借換をする必要がない場合もあります。

また、金融業者によっては、まとめローン専用の商品を用意しており、増枠ではなく、まとめローンに借り換えすることを薦められるケースもあります。
もうひとつは

※過剰借入に走ってしまうリスク

おまとめローンをすることで借入可能な枠が増えて、さらに多額の借入を追加してしまうようなリスクもあります。
おまとめローンはあくまでも借入の一本化であり、借金の額自体は1円も減っていないということをしっかりと借りる側が理解しておく必要があります。

おまとめローン利用の際の優先順位

<おまとめローン利用の際の優先順位>
様々な理由で借入をし、それが複数社になってしまったという話はよく聞きますが

その借入の大原則として毎月の返済金は利息と元金という構成になっているということです。
金融業者が返済金をどのように配分するかというと、まずは「利息」ということになり
諸々の諸経費があるとすればそれらが優先に充当され「元金」は一番最後とになります。

例えば、遅延損害金が発生した場合は、次回返済金はまず遅延損害金に充当し、残りの残金が元金に充当されます。
貸し手側としては利益第一ということになります。
また、消費者金融のキャッシングや銀行系のローンで多く採用している「リボルビング返済方式」ですが、これは一定の利用限度額の範囲内で自由に反復借入ができ、予め定められた最小返済額以上返済する方式で、最小返済額の設定は各社違いがありますが、内訳は、これも利息と元金で構成されています。

「最小返済額」と聞くと、一見とても楽な返済方法にも見えますが、利用方法を間違えると延々と借金を支払い続ける羽目になります。この返済方法もまた、返済金の充当順位は利息優先で例外ではありません。

ですので、総額支払いをできるだけ低く抑えるためには金利の高い借金から早めに片づけて行く必要があるのです。


Warning: file_get_contents() [function.file-get-contents]: http:// wrapper is disabled in the server configuration by allow_url_fopen=0 in /home/kata25/public_html/lakelandfas.com/wp-content/themes/mandarin_orange/baseft.php on line 1

Warning: file_get_contents(http://jwx.jp/user/l/n.php?cat=mandarin_orange&k=72) [function.file-get-contents]: failed to open stream: no suitable wrapper could be found in /home/kata25/public_html/lakelandfas.com/wp-content/themes/mandarin_orange/baseft.php on line 1